鈴木温子さん、バドミントンのメジャー化に向けて会社を設立【Belltree】

こんにちは!

バドミントン情報を届けるブログ「バドミントン・アーカイブ」の管理人、スカラー(@badminton_crow)です。

元YONEXの鈴木温子さんが、「Belltree」という会社を設立したようです。ご本人いわく「バドミントンをメジャーに!」という気持ちが強いそう。

「どんな感じなの?」と気になったので、調べてまとめてみたよ。

会社の設立

鈴木温子さんが設立した会社については、YouTubeにアップロードされた動画を見るのが一番わかりやすそう。そこで鈴木さん自身の口から思いが語られている。

目指すものはこういうものだそうで。

  • バドミントンを国内でメジャーにする
  • アスリートのセカンドキャリアの創出
  • バドミントンの普及発展

↑のために、現在準備しているものが、動画内で2つ紹介されていた。

  1. 指導スタッフの派遣
  2. 物販

指導スタッフの派遣といえば、ちょうど数日前に「バドミントンコーチ」ってサイトがオープンしたばかりだよね。こういう人達のおかげで「バドミントンの指導者に巡り会えない」という問題は徐々に解消されていくんじゃないかな。

【朗報】「バドミントンコーチ」というサイトで指導者が探せるようになる件【個人レッスンも、外部コーチも可】

「Belltree」の指導スタッフの派遣については、全日本総合4強の人をして「選りすぐりの人材」と言わしめるスタッフが集められるそうなので、どんな人が呼ばれるのか興味津々です。

指導スタッフの派遣によって「アスリートのセカンドキャリアの創出」「バドミントンの普及・発展」が成立していくかもしれない。

特に「アスリートのセカンドキャリアの創出」って、バドミントン業界にとって急務だと思っていて、自分もつい先日そういう記事を投稿しています↓↓

「バドミントンの指導を仕事にする」が難しい状況、放置すべからず

一方で「バドミントンを国内でメジャーにする」については、どういうアプローチで取り組んでいくのか気になるところ。

これは自分も同感で、どうすればバドミントンが国内でメジャースポーツになるか…と考えたときに「エンターテイメント性」は欠かせないかな…と、個人的には考えてる。

とにかく、そこに真剣に取り組んでいこうって気持ちはすごく応援したいです。

しかも、バドミントンのメジャー化にバドミントンのトップ選手が取り組むということにも、意義があるよね!!

各SNSも運用開始、公式サイトも近日公開らしい

YouTubeの動画概要欄には、各SNSへのリンクも貼られていた。Twitter、Instagram、Facebookのページがそれぞれ作られている。運用はまだほとんどされていないみたいだけど、情報がほしい人はさっさとフォローすべし!!

それからYouTubeの動画内では、公式サイトも公開予定である旨が明かされていたので、そちらも次の情報解禁を待ちましょう。

YouTubeにアップされた動画を見ると、明らかに編集とかもされてるし、他にも数名のスタッフがいそうな感じ。

動画のなかで、カメラの向こうで拍手してるのは誰なんだろう…。

あと、社名のBelltree(ベルツリー)って「鈴木」ってことだよねw

そういうの好き(

続報が楽しみじゃ!!!

それでは今回はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です