【KOKACARE】ビジネス懇親会、真夏のスパーリング大会に参加してきた【バドミントン】

真夏のスパーリング大会

こんにちは!

バドミントン情報を届けるブログ「バドミントン・アーカイブ」の管理人 スカラー(@badminton_crow)です。

KOKACAREさんが主催のバドミントン関係者による「ビジネス懇親会」と、本気のゲーム練習会「真夏のスパーリング大会」に参加してきました! 短くまとめるとこんな感じだった↓↓

「バドミントン専用体育館」の人

KOKACAREの代表である竹内さん( @kokaminton_hiro )について、「愛知県でバドミントン専用体育館を作る」という旨の発信を何度かTwitterで見かけたことがある人もいるのではないだろうか。

「バドミントン専用体育館なんていうアツい話、聞きに行きたい!!!」という気持ちがあったのと、以前お会いしたバドテツさんから「ビジネス懇親会」の存在を紹介していただいたのとで、今回参加させてもらうことにした。

概要については公式サイトを参照してほしい。

参考 『愛知・名古屋のバドミントン大会情報』KOKACARE真夏のスパーリング大会やります!【愛知・名古屋】KOKACAREバドミントン教室・スクール

出席してみて、この日を貫くテーマは「イノベーション(新結合)」だったのではないか、と勝手に感じている。

ビジネス懇親会

まず15時からスタートしたのが、バドミントン関係者による「ビジネス懇親会」だ。 参加者は10-15名ほどで、開催時間は1時間半ほど。

著者撮影

バドミントンに関する仕事に携わっている人たちが集まっての懇親会。バドミントンのコーチをされている人、SNSで発信されている人、理学療法士さん、ショップを営んでいる人…などなど、いろんな分野の人が来ていた。

開催されたのは愛知県だったけれど、県外(三重、富山、長野など)から来ている人もおり、普段近畿エリアに住んでいるだけではなかなかお話できないような人ともお話をすることができたと思う。

バドミントンと新結合

自己紹介のあとは、「バドミントン × ○○」を考えてみようというコーナーがあった。

「三人よらば文殊の知恵」という言葉があるように、人が集まることで1人では浮かばないアイデアが生まれたりする。今回は4人1グループでいろんなアイデアを出し合った。わたしのいたグループで出たのはこれ↓↓

  • バドミントン × エンタメ
  • バドミントン × 合コン
  • バドミントン × VR(桃田賢斗選手のスマッシュを体感できる)
  • バドミントン × スクール

うちのグループで深掘りしたのは「バドミントン × スクール」だった。特に「強くなれる」「うまくなれる」「本気でやれる」場が地域になかなかないという問題提起があったことと、バドミントンのコーチを仕事にするのが難しい現状などを踏まえての提案だ。グループ内からは「指導者の育成」をしたいという言葉もあったので、もし実現したらぜひとも受講してみたい。

時間が限られていたため、「バドミントン × 合コン」を深掘りできなかったのが心残りです…!!笑

スカラー

他のグループの発表を聞いていると、全体として「プロダクトセリング」というよりも「バリューセリング」の視点からの提案がとても多く、事業として伸びしろがありそうなアイデアがたくさん出たと思う。

バドミントンと色んなものの「新結合」を見ることができた。

ネットワーキングパーティ

そのあとは1時間弱におよぶ「ネットワーキングパーティ」で、いろんな人とお話をする機会をいただけた。

1対1での会話が多かったため、何を話したかはさすがにここでお伝えできないけれど、ここの時間で「こっそり本音トーク」できたのが一番大きな収穫だったと個人的には思っている。

「こういうことやりたくて、今こういうことやってるんです!」って熱い想いを持って活動している人たちが集まってきていたので、必然的におもしろい話がたくさんできるわけだし、今後の事業に繋がりそうな話もできた。

先述の竹内さんや、KOKACAREのYukoさん( @yuko_kokacare )、富山県から来られていた あべ -の- ともゆき さん( @acsyk )ともお話しすることができて、とってもいい時間でした。

数週間ぶりにバドテツさん( @BAD_TETSU_ )ともお会いできてよかったなあ!!

ここで起きていたことは、人と人の「新結合」だったと思う。

真夏のスパーリング大会

会場は移って、18時から開かれたのが「真夏のスパーリング大会」という本気のゲーム練習会だ。

KOKACARE バドミントン
著者撮影

こちらに参加していたのは、目算でざっと40名ほど。中高生プレーヤーから40代50代のプレーヤーまで幅広く参加しており、老若男女問わず同じコートでプレーできるバドミントンの魅力を再認識した。

概ねレベル別に分けてもらっていたため、「本気のゲーム練習会」にふさわしい内容でできたと思う。「拳で語る」という風な言い方があるけれど、バドミントンで言うなら「プレーで語る」ことができた(と、信じている)。

そして一度一緒にプレーすれば、それはもう「バドミントン仲間」みたいなものだ。コート外では「ビジネス懇親会」とはまた違った感じの雰囲気で、いろんなグループが突発的に形成されて会話も弾んでいる様子だった。

最後には車さん( @kurumayoshiyuki )ともダブルスを組んでいただいて試合に入ることができた。高橋沙也加選手の育成にも携わっておられたり、富山県代表選手として全日本シニアでも上位に入っていたりと、すごい人だった。そしてプレーもお話も熱い人だった!!

また、今回の「スパーリング大会」はシングルスのゲームができる珍しい大会であり、シングルスに飢えていたわたしは迷わず飛びついた。

今回の練習会では各コートにタブレット端末が設置されており、試合の内容を動画でその日のうちに振り返ることができたのもかなりよかった。

全体として、とても素敵な時間をすごすことができた。主催のKOKACARE代表 竹内さんが言うように「バドミントンで生まれる笑顔」って最高だなと感じた1日であった。

二次会とか

体育館を出たあとも、駅に向かうまでの道で10人弱が集まって盛り上がっていた。30分弱ぐらいは喋ってたかなw

プチ二次会で、すっかり「意気投合」してしまった。

改めて、こういう素敵な場を作ってくださったKOKACAREのおふたりには、感謝の気持ちでいっぱいです。

この日、この場がなければ、こうした形では決して出会えなかった人たちでした。本当にありがとうございました!!みなさんまたぜひお会いしましょう(^^)

これからの活動にめっちゃエネルギーが湧いてくる1日でした。がんばろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です